色白の肌

make up net

色白の方が使える
ファンデーション

皆さんはファンデーションを選ぶときにどんな色を選びますか。
肌の色に合わせて選ぶという方もいらっしゃれば健康的に見えるような色を好んだり肌の色が白く見えるようなものを選ぶ方もいらっしゃるでしょう。
しかし一つ注意していただきたいことがあり、あまりに色の白いファンデーションをえらんでしまうと血色が悪く見えてしまう可能性があります。
また、人によっては厚化粧をしているように見える可能性もあります。
特に色白の方が白めのファンデーションを使うと不健康に見えますので、少し肌色に近いものを使うと健康的に見えるかもしれません。
そのようにして、自分が健康的に見せたいのか美白効果を前面に出したいのかを考えて化粧品を選ぶようにすると良いでしょう。
メーカーによっても化粧品の色が異なりますので、色々と使ってみて自分に一番合うものを探し出すと良いのではないでしょうか。
色白に見える化粧だけは不健康に見えるという点で避けたほうがいいかもしれません。

色白の人の
ファンデーション選び

色白の人ならではの悩みのひとつが、ファンデーション選びです。
美白ブームを受けて色白向けの色展開も多くなっていますが、ピンク系の色白の人はイエロー系の色展開が多い国産ブランドの製品が合わない場合も少なくありません。
そんなときは、ピンク系で明るめの色展開が豊富な外資系ブランドの製品を試してみるのも良い方法です。
顔だけではなく首の部分の肌色も参考にするのが、自分の肌色に合ったファンデーションを選ぶコツです。
化粧下地や仕上げ用パウダーも、ベースメイクの仕上がりを大きく左右します。
頬の赤みやニキビ跡が気になる場合にはグリーン系、血色の悪さが気になる場合にはピンク系、くすみが気になる場合にはパープル系やホワイト系の化粧下地や仕上げ用パウダーを使うと、ファンデーションを厚塗りすることなく肌色のトーンを整えることができます。
シミやソバカス、クマなどはコンシーラーで部分的にカバーすると自然に仕上げることができます。